相続相談は税理士に

標準

例えば、子持ちの夫婦がいて、夫が妻や子供に対して迷惑を掛けたくないという事で生命保険に加入している場合、夫が事故、若しくは病死をしたときには生命保険金が出る事になります。夫が死んだときは、生命保険金は出ますが、この場合における保険金は相続財産となります。

相続における法律関係ですが、被相続人が死んだ場合、相続人は故人とされる被相続人の財産を相続する事になります。この場合、相続財産は負の遺産、つまり借金も含まれる事になります。相続の手続きですが、被相続人が死んだ場合、3ヵ月以内に家庭裁判所に申告をしなければなりません。3ヶ月の間に何もせず、この期間が過ぎた場合、相続人は「単純承認をしたものとみなされます」とされます。これは、手続きを怠ってしまった場合、権利だけでなく負債も相続してしまう事になってしまうことです。

相続に関しては、法律に関する本を読めばある程度は理解できるかもしれません。ただ、相続税の申告をする場合、相続財産を誰かに評価した方が良い場合、に関しては税務のスペシャリストとされる税理士に相続相談をした方が良いかもしれません。

関連リンク~川崎横浜|相続専門|税理士法人共同会計社【ソレイユ相続相談室】

税理士に相続相談をした場合、相談料としては5千円程度掛かります。税理士は相続財産の調査や相続税の申告はできますが、相続放棄に関する手続きはできませんので、これは予め知っておかなければなりません。

相続税の相談を税理士にする場合、無料法律相談を活用した方が良いでしょう。無料法律相談ですが、税理士事務所等が随時実施をしています。