相続税が節約できる

標準

相続税の徴収率は大きいというイメージがありますがこれは、節税できるといわれています。相続税ですが、基礎控除として3千万円+6百万円×法定相続人数(つまり、婚姻関係に在った配偶者とその子供、並びに被相続人の親や兄弟等です)の額以上であれば課税対象となります。法定相続人が五人いる場合で、被相続人から相続される財産が5千万円であるときは、基本的に相続税はかからなくなります。

相続で得た財産ですが、基本的には所得税の課税対象外となります。但し、基礎控除以上であれば相続税は自動的に課税がなされます。

相続税は節税ができる場合ですが、被相続人の相続財産が生命保険の保険金であるときは、「5百万円×法定相続人数」で計算をすると節税できるかどうかが判ります。例えば、夫が死んだ場合に入る生命保険金が2千万円である場合、相続人が妻、3人の子であるときは、相続税は非課税となります。また、生命保険自体、所得税は非課税という扱いとなります。法定相続人が多い場合、生命保険金を受給するときは相続税の課税対象外となる事は少なくありません。

生命保険における相続財産の場合の節約方法以外には、賃貸住居等を建設して減税ができるという事です。第三者に賃貸する建物ですが、相続税の評価額が下がるといわれています。アパート経営を考えている人がいる場合、被相続人が死亡して相続財産を得たときが好機かもしれません。