税務調査の回避

標準

税務調査ですが、これは税務署が「財産を多く持っている人に対して行う調査」とされています。相続においては、税務調査の対象に非常になり易いといわれています。その理由ですが、相続する事によって多額の資産を得るからだといわれています。

相続税の申告ですが、税務署員は書類を調べて不明なものがないかを検査して行きます。税務調査をされると、された側は何か不快な気持ちとなるでしょう。こういうトラブルを回避するためには、税務職員が観ても不自然さが感じられないように書類を作成した方が良いでしょう。対処法としては、税務書類を作成した場合において、税務職員が観ても一切不自然さが感じられない書類に仕上げる事ができる税理士事務所に依頼をする事といえます。

税務署に提出する書類について、実績が多い専門家に依頼した方が良いかもしれません。費用は掛かるものの、結果的には不自然さが感じられない書類を作成できて、その後に税務調査がされないという利点が在るからです。

相続財産ですが、不透明な場合が少なくありません。例えば、父親が死んだ場合、母親ないし配偶者と子供が3人の家庭において、相続財産が生命保険金が2千万円である事が証明されれば税務調査はされません。しかし、それ以外の財産であれば税務調査を行うケースは少なくありません。税理士事務所を選ぶ場合、親身になって相談に応じてくれたり、実績が多い事務所を選ぶのが無難といえます。

二次相続を見据えられる

標準

相続には、二次相続というものが在ります。例えば、夫婦と子供が4人いる家庭で夫ないし父親が死亡したものの、数年後に妻ないし母親が死亡してしまった場合、これは複雑な法律関係になるのは当然となります。

父親が生命保険に加入している場合、保険金が2千万円であれば特に問題はありません。生命保険における相続税の課税対象(5百万円×法定相続人数)以下となっているからです。ただ、母親も生命保険を掛けていた場合、保険金の額が3千万円であれば、合計すると相続税の課税対象となってしまいます。

相続税の課税対象が生命保険である場合、生命保険以外の課税対象は適用されません。この場合、残された子供達は相続税を課税する事になります。ただ、建物等を「第三者に住居提供させる目的で建設した場合」は、相続税は節税される余地は在り得ます。

また、万が一の場合を考えて、子供は「父親が死んだ場合だけでなく、母親が数年で死んだときも考えるべきだといえます。この場合、限定承認をした方が良いかもしれません」と法律の専門家から助言される事になるでしょう。

限定承認ですが、これは相続できる権利金等を減額したり、借金を相続しないで権利だけ相続するという相続となります。被相続人が死んでから、3ヵ月以内に家庭裁判所に申請をする事になっています。

相続税が節約できる

標準

相続税の徴収率は大きいというイメージがありますがこれは、節税できるといわれています。相続税ですが、基礎控除として3千万円+6百万円×法定相続人数(つまり、婚姻関係に在った配偶者とその子供、並びに被相続人の親や兄弟等です)の額以上であれば課税対象となります。法定相続人が五人いる場合で、被相続人から相続される財産が5千万円であるときは、基本的に相続税はかからなくなります。

相続で得た財産ですが、基本的には所得税の課税対象外となります。但し、基礎控除以上であれば相続税は自動的に課税がなされます。

相続税は節税ができる場合ですが、被相続人の相続財産が生命保険の保険金であるときは、「5百万円×法定相続人数」で計算をすると節税できるかどうかが判ります。例えば、夫が死んだ場合に入る生命保険金が2千万円である場合、相続人が妻、3人の子であるときは、相続税は非課税となります。また、生命保険自体、所得税は非課税という扱いとなります。法定相続人が多い場合、生命保険金を受給するときは相続税の課税対象外となる事は少なくありません。

生命保険における相続財産の場合の節約方法以外には、賃貸住居等を建設して減税ができるという事です。第三者に賃貸する建物ですが、相続税の評価額が下がるといわれています。アパート経営を考えている人がいる場合、被相続人が死亡して相続財産を得たときが好機かもしれません。

相続相談は税理士に

標準

例えば、子持ちの夫婦がいて、夫が妻や子供に対して迷惑を掛けたくないという事で生命保険に加入している場合、夫が事故、若しくは病死をしたときには生命保険金が出る事になります。夫が死んだときは、生命保険金は出ますが、この場合における保険金は相続財産となります。

相続における法律関係ですが、被相続人が死んだ場合、相続人は故人とされる被相続人の財産を相続する事になります。この場合、相続財産は負の遺産、つまり借金も含まれる事になります。相続の手続きですが、被相続人が死んだ場合、3ヵ月以内に家庭裁判所に申告をしなければなりません。3ヶ月の間に何もせず、この期間が過ぎた場合、相続人は「単純承認をしたものとみなされます」とされます。これは、手続きを怠ってしまった場合、権利だけでなく負債も相続してしまう事になってしまうことです。

相続に関しては、法律に関する本を読めばある程度は理解できるかもしれません。ただ、相続税の申告をする場合、相続財産を誰かに評価した方が良い場合、に関しては税務のスペシャリストとされる税理士に相続相談をした方が良いかもしれません。

関連リンク~川崎横浜|相続専門|税理士法人共同会計社【ソレイユ相続相談室】

税理士に相続相談をした場合、相談料としては5千円程度掛かります。税理士は相続財産の調査や相続税の申告はできますが、相続放棄に関する手続きはできませんので、これは予め知っておかなければなりません。

相続税の相談を税理士にする場合、無料法律相談を活用した方が良いでしょう。無料法律相談ですが、税理士事務所等が随時実施をしています。